ISDNを使っていたときのプロバイダは結構料金が高かったような気がします。しかし、その当時は普通でした。

業者の得意分野から選ぶプロバイダ
業者の得意分野から選ぶプロバイダ

ISDNを使っていたときのプロバイダ

ISDNを使っていたときのプロバイダは結構な料金をとられていました。金額でいうと2000円くらいだったと思います。それくわえ、NTTなどに支払う料金もあったのっで毎月7000円以上になっていました。しかし、その当時は普通だと思っていました。しかし、最近は光ファイバーが普及して基本料金が安いものが出ていています。そのため、今思えば高かったなと思います。しかし、トラブルなどはなかったように思えます。インタネットは速度が遅いといらいらします。その当時はやはり遅いと感じていましたが、使えない速度ではありませんでした。今の光ファイバーに比べれば比ではありませんが。プロバイダといえば大手の会社が優位に立っていました。というのは私が使っていた時代はあまりプロバイダをしている会社が少なかったため自ずと大手のプロバイダに加入していたのだと思います。

ISDNのいいところは日本中どこでも使えたことです。もちろん、電話回線が無いとできませんが、ほとんどの家で使える環境にありました。その点はかなりよかったと思います。光ファイバーはおおむねどこでもできるようになりました。田舎などではいまだにISDNが活躍しています。プロバイダは増えたので料金が安いところを比較して契約すればいいと思います。しかし、プロバイダもいろいろな情報があり、トラブルというかサービスがいいところと悪いところがあるのでそういった部分を確認して選んだほうがいいと思います。

お勧め情報

  • 印刷通販についてはこちらのWebサイトが便利です。
  • 鎌田和彦についてはこちらのサイトが便利です。

Copyright 2017 業者の得意分野から選ぶプロバイダ All Rights Reserved.