プロバイダの回線は数多くありますが、ISDNはその中でも遅い部類に属します。最高で64kpbsしか出ません。

業者の得意分野から選ぶプロバイダ
業者の得意分野から選ぶプロバイダ

ISDNはプロバイダの中でもかなり遅い部類です。

プロバイダの光回線だと100Mbが一般的ですが、中には1Tbなんてこうそくのものまであります。それに対して、下りで64Kbpsの速度しか出ないのですから、かなり遅いと言わざるを得ません。光回線は上り下りとも同じ速度が出るのですから。大きく違うと言えます。昔は、ISDNの回線を利用すると、電話番号が変わるのが当たり前でしたが、現在はこれまでつ家庭で使っていた電話番号で利用できるようになっています。回線交換方式の場合、接続時間と通信地点の距離で料金が課金されます。また、バーチャルコール方式のパケットの場合は、接続時間には関係なく、パケットの長さと空量のみで料金は定まると言うことです。付き額の使用料は、アナログ電話の回線2回線分以下の料金となっているそうです。

ISDMはこれまでのアナログ回線とは異なり、すべてデジタル回線となります。そのためターミナルアダプターなどが必要になります。ISDNの申し込みを行うと、アナログからデジタル回線に変更するための工事が交換機側では行われます。家庭側の工事は必要ありません。また、これまでの電話線をそのまま利用することが可能です。そのため、未だにISDNを利用する人がかなりいます。光通信のように、新たな回線を引き直す必要が無いからです。しかし、インターネットを頻繁に利用するなら、その速度が気になるはずです。さきのはなしのように、ISDNの速度はかなり遅いのですから。

お勧め情報

Copyright 2017 業者の得意分野から選ぶプロバイダ All Rights Reserved.